薄毛が気になる!?生活習慣を見直して!

薄毛が気になりだすと、鏡の前に立つたびに薄くなっているところがどのようになっているのがその都度確認してしまう人は多いのではないでしょうか。

お風呂に入ってシャンプーをしたときなど、洗い場のところに毛がたくさん抜けているのを見てもハゲを連想してしまう可能性も高まります。

薄毛になる原因は様々ではあるけれども、髪の毛のボリュームが少なく感じたときなどは生活習慣や食生活が乱れていないのか否かを確認するのがおすすめです。

喫煙・アルコール・栄養不足は髪の毛の育成にも悪影響を与える部分ですから、これらを正しくすることが進行を遅らせるポイントにも繋がります。

また、毎日夜更かしを続けている場合も生活習慣を正すことで育毛に良い影響を与えることになります。

こうした生活習慣に対しても育毛専門のお店に行くとアドバイスがもらえたりします。加えて育毛については名古屋にある専門店のサイトで分かりやすく解説している所がありましたので1度検索してみるのも良いかもしれません。

人は寝ている間に日中ダメージを受けた頭皮環境を整えるといわれており、睡眠不足が続いている場合にはその改善効果を得ることができないわけです。

規則正しい生活を送ることで、薄毛の予防にも良い効果を与えてくれます。

薄毛と運動との関係性

一見関係なさそうに見えますが、運動不足も薄毛の原因となります。

体を動かさないと代謝機能を低下させたり血行不良を招くので、髪に栄養素が届きにくくなり髪の成長を妨げるからです。

適度な運動が必要となりますが、単純に体を動かせばいいというわけではありません。

ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳といった、時間をかけて行う有酸素運動が効果的です。これには血行の促進や代謝機能の活性化だけでなく、自律神経を整える効果もあります。

運動で汗をかくと、達成感や爽快感などから自律神経のバランスが正常になり、血行不良や皮脂の過剰分泌の改善につながるのです。しかも汗には、毛穴の中の老廃物や汚れを取り除く作用もあります。

ただし、すぐに効果が出るわけではありません。毎日続けることで、薄毛予防となります。そのため最寄り駅まで歩くなど、日常生活に少しでも運動を取り入れることが大切であるといえます。もちろん、汗をかいた後のヘアケアも必須です。

薄毛でもばっちりな髪型はあるの?

前髪が薄くなっているので浮く安くなった、前と比べると額が目立つように感じる、薄毛になると髪型が上手に決まらなくなるなど、色々な悩みが次々と生じてしまいますよね。

以前は、かっこいい髪型ができたけれど毛量が減ってしまったので同じようなヘアスタイルが難しくなる、このようなケースはありがちなパターンです。

前髪が薄くなったときには、ソフトモヒカン・ツーブロック・マッシュショート・七三分け・坊主などが有効、これらはいずれも薄毛対策の中でも比較的簡単にできる髪型です。

ソフトモヒカンの場合は、前髪は短くして頭頂部を長めにセットする方法、サイドを刈り上げて頭頂部を長めにセットした段差を持つのがツーブロックの特徴です。マッシュショートは、額を出したくない男性におすすめの髪型で、全体的にボリューム感が出て来ますし、パーマやスタイリング剤などで工夫を行えば前髪が薄い場合もばっちり決めることができる髪型といえましょう。